出版・新聞・テレビさえも—今の姿はあとわずか
世界はこれを語りはじめた 素朴に、体験的に、失敗から起き上がる若い息吹

O'Reilly Media刊『マニフェスト 本の未来』
ボイジャーより発売!

 

 株式会社ボイジャー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:萩野正昭、以下:ボイジャー)は、オライリー社(O'Reilly Media, Inc. 本社:米国カリフォルニア)との間で『Book: A Futurist's Manifesto』日本語化契約を締結し、ここに日本語題名『マニフェスト 本の未来』として2月20日より、発売いたします。印刷本並びに電子本ともに同時発売となります。出版の未来を語り合う、オライリー社主催"TOC"(Tools of Change 2013)が開催されるまさにこの時期に、出版界へ少なからぬ衝撃を与えた本書が日本でもご覧いただけることになります。
 編者は、ヒュー・マクガイア(Hugh McGuire)とブライアン・オレアリ(Brian O’Leary)。ヒュー・マクガイアは、紙の本、電子書籍、そしてWebブックをオンライン上のソースファイルから制作できる出版プラットフォーム 「PressBooks.com」を開発する会社の創業者で、彼らの新しいWebベースの書籍制作システムを使って本書は執筆/編集されました。ブライアン・オレアリは、『タイム』誌を発行するTime Inc.の制作部長など歴任、ニューヨーク大学(NYU)出版学部助教授をつとめているベテラン編集者。この二人はサンフランシスコのNPO団体“Internet Archive”が主催する “Books in Browsers”会議の中心メンバーとして次世代の出版についての熱い提言をつづけてきました。全27章から構成される本書は、出版のデジタル化の最前線で実践的に活躍する才能ある執筆陣が自身の言葉で書き下ろしたエッセー集です。また翻訳陣は日本での電子出版に欠くことのできない有力者に参加いただきました(以下詳細)。
 

■本の未来へのガイドブック —Part 1・ Part 2 ・ Part 3の三部構成—

—目次—マニフェスト 本の未来
    ・日本語版の刊行にあたって 萩野正昭(ボイジャー)
    ・原書の刊行にあたって ヒュー・マクガイア(プレスブックス)
    ・イントロダクション

    Part 1 セットアップ:現在のデジタルへのアプローチ
    —今の出版社にとってデジタルとは何であるかを検証します—

  1. コンテナではなく、コンテキスト
    ブライアン・オレアリ(マゼランメディアパートナーズ)
  2. あらゆる場所への流通
    アンドリュー・サヴィカス(オライリー・メディア)
  3. 「本」の可能性
    ライザ・デイリー(サファリ・ブックス・オンライン)
  4. メタデータについて語る時に我々の語ること
    ローラ・ドーソン(バウカー)
  5. DRMの投資対効果を考える
    カーク・ビリオーネ(デジタルメディアスペシャリスト)
  6. デジタルワークフロー向けツール
    ブライアン・オレアリ(マゼランメディアパートナーズ)
  7. デジタル時代の書籍デザイン
    クレイグ・モド(PRE/POST)
  8. 2月20日発売
    日本語版『マニフェスト 本の未来』

    ▶日本語版書影のダウンロードはコチラから


     
    Part 2 将来への展望:本が歩む次のステップ
    —eBookを紙媒体のコピーではなく、ネットワークに接続された真のデジタルオブジェクトとしてとらえるさまざまな最先端の実験的試みを紹介します—

  9. 本とWebサイトがひとつになる理由 ヒュー・マクガイア(プレスブックス)
  10. Web文学:ソーシャルWeb出版 イーライ・ジェームズ(ノベラー、パンダミアン)
  11. 言葉から本を作る エリン・マッキーン(ワードニク)
  12. eBookはなぜ書き込み可能になるか テリー・ジョーンズ(フルイドインフォ)
  13. 読書システムの垣根を越えて:ソーシャルリーディングの今後
    トラヴィス・アルバー、アーロン・ミラー(リードソーシャル)
  14. ユーザー体験、読者体験 ブレット・サンダスキー(マクミラン・ニュー・ベンチャーズ)
  15. 本と出会ったアプリ ロン・マーティネズ(エアブック、インベンションアーツ)
  16. 形なき本で図書館を作るということ ピーター・ブラントリー(情報アーキテクトスペシャリスト)
  17. 読者の権利章典 カシア・クローザー(ブックスクェア)

  18. Part 3 本でできる実験−最先端プロジェクト−
    —本の未来を模索しつつ、本の未来への架け橋となろうとしている挑戦的なプロジェクトを紹介します—

  19. 作家たちのコミュニティ ユルゲン・ファウス(フィクショノート)
  20. アプリとしての本作り、迷った時の処方箋 ニール・ホスキンス(ウィングドチャリオット)
  21. エンゲージメント・エコノミー ボビー・グルーエンワルド(ユーバージョン)
  22. 本はどのように発見される?
    パトリック・ブラウン、チャン・ギュシク、オーティス・チャンドラー(グッドリーズ)
  23. 「リトル・データ」の驚くべき力
    ピーター・コーリングリッジ(エンハンスト・エディションズ、ブックシア)
  24. 誇張と倒錯 バラ・バキリ(スモール・デーモンズ)
  25. 出版再考ー痛みを感じ、痛みを抑える ジョン・オークス(ORブックス)
  26. 公共図書館の終わり(私たちが知っていたように?) イーライ・ナイバーガー(ミシガン州アン・アーバー地区図書館)
  27. 今は実験のとき イアン・バーカー(シムテキスト)
  28. 忘れられた消費者 ジェイコブ・ルイス(フィグメント)
  29. コントロールできない会話 サラ・ウェンデル(スマート・ビッチズ・トラッシィ・ブックス)

■編者紹介
ヒュー・マクガイア −Hugh McGuire−
技術者。変革する出版界をテーマに執筆家としても活躍している。無償オーディオ ブックのデジタルライブラリーとして「リブリボックス(LibriVox)」を、有償としてアイアムビック(Iambik)を創設。デジタル出版ツール「プレスブックス(PressBooks:PressBooks.com)」の創設者でもある。本書英語版はプレスブックスを使用して刊行された。
◇Twitterアカウント:@hughmcguire
ブライアン・オレアリ −Brian O’Leary−
マゼランメディアパートナーズ(Magellan Media Partners)の創設者であり社長。出版社への経営コンサルタントして、コンテンツのオペレーション、ベンチマーク、経営分析などを提供する。無償コンテンツや海賊版データの流通が書籍の売り上げに対してどのように影響するかを含め、出版業界全体をテーマとした執筆活動を行っている。
◇Twitterアカウント:@brianoleary

■著者紹介  著者プロフィール
 
■訳者紹介  訳者プロフィール
 
■発行にあたって — ボイジャー 代表取締役社長 萩野正昭 —
 私たちボイジャーは、20年間にわたり日本の電子出版の流れの中に生きてきました。米国ボイジャーとの合弁としてスタートしましたから、大きく世界の流れの中にあったと言ってもいいでしょう。ここまでたどり着く間に、たくさんの事実を目撃してきました。だから物語る必要が私たちにはあるはずなのに、容易に口が開きません。徒労感に浸り、すべてを諦めたい気持ちになるのです。なかなか語り伝えられずにいる現実をどうしていけばいいのか。そうした中で本書に出会いました。
 一読して複雑な気持ちになりました。自分たちが語らねばならない内容が一杯詰まっていたからです。それも簡潔明瞭な言い方でした。まごまごしているうちに先を越されてしまったのです。注意深く見つめてみると、多くの考えが一様に失敗から書き起こされていることに気付きます。現実に打ち当たり、打ちのめされ、立ち上がろうとしていることが読み取れます。諦めかけている自分の姿を振り返りました。落胆から人は再び学び直す、その機会こそ重要であることに気付かされたのです。新しい出版のデジタル化に取り組んできた若くてしたたかな息吹が渦巻いています。展開される強い主張はその現れです。仮説であろうとも、今のメディアが崩壊するのだと、みんな考えるべきなのです。それを前提として、何が導き出せるのかが私たちのこれからを生きていく全てのヒントになるのではないでしょうか。
 
□販売情報
書 名
『マニフェスト 本の未来』
編 者
ヒュー・マクガイア、ブライアン・オレアリ
翻訳者
浅野紀予、石松久幸、堺屋七左衛門、柴野京子、高橋征義
秦 隆司、 宮家あゆみ、室 大輔、吉本龍司、yomoyomo
出版社
ボイジャー
価 格
電子版:1,050円(税込)  印刷版:2,940円(税込)
発売日
2月20日(水)(電子版・印刷版ともに)
販売ストア
BinB store http://binb-store.com/
いますぐ読む!
http://binb-store.com/binbReader.html?cid=21527
商品詳細ページ
http://tt2.me/15294

『マニフェスト 本の未来』ご意見・ご感想・イベント情報
 
■取扱書店    書店一覧
 
■【ボイジャー Presents】発売記念イベント開催決定!
一部先行して無料公開中のPart1「7. デジタル時代の書籍デザイン」の著者
クレイグ・モド氏が緊急来日!
    開催日時: 2月20日(水) 20:00〜22:00(19:30開場)
      場所: B&B 下北沢 http://bookandbeer.com/
     出演者: クレイグ・モド氏 (作家、パブリッシャー、デザイナー、開発者)× 菅原敏氏(詩人)
  チケット情報: http://bookandbeer.com/event/
        ※イベント詳細は決まり次第、ボイジャーのFacebook/Twitterでお知らせします
〈株式会社ボイジャーについて〉

株式会社ボイジャー 代表取締役 萩野正昭

ホームページ:http://www.voyager.co.jp/

 1992年米国ボイジャーとの合弁で創業。エキスパンドブック、T-Time、dotBook、dotPressの開発元。2006年セルシスと共同で携帯電話向けBookSurfingソリューション(現・BSソリューション)の提供を開始。2007年コミック・雑誌等の配信ソリューションとしてWebブラウザー用プラグインT-Time Crochetを開発。2012年HTML5ベースのブラウザーでの閲覧システムBinB(Books in Browsers)を開発。本ソリューションは、講談社、集英社、Yahoo!ブックストア、ソフトバンククリエイティブなどが採用している。また、2010年からEPUB3日本語ベーシック基準(日・英)を公開。EPUB日本語基準研究グループ(EPUBJP)を推進する。AMD(デジタルメディア協会)会員、またEPUB策定の国際団体IDPF(International Digital Publishing Forum)会員・理事。

※ 商標について

*T-Time、.BOOK/ドットブック、Crochet/クロッシェ、BinBは、株式会社ボイジャーの登録商標です。
*BSは、株式会社セルシス、株式会社ボイジャーの商標です。
*会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

〈報道関係お問い合わせ先〉

株式会社ボイジャー  鎌田純子、原田悠太朗、高山智子
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-41-14
電話: 03-5467-7070 / FAX: 03-5467-7080

Email:infomgr@voyager.co.jp
Facebook:http://www.facebook.com/voyagerDPD
Twitter:https://twitter.com/voyagerDPD