東京国際ブックフェア/国際電子出版EXPO

ボイジャー出展のご案内

株式会社ボイジャー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:萩野正昭、以下:ボイジャー)は、7月7日(木)〜9日(土)の3日間、 東京ビッグサイトにおいて「東京国際ブックフェア」と同時開催される「国際電子出版EXPO」に出展いたします。
各種セミナーや出展ブース内でのイベント等を通じて、弊社のめざす自由で新しい電子書籍の形をご案内いたします。

東京国際ブックフェア/国際電子出版EXPO

会 期
2011年7月7日(木)〜7月10日(日)
(「国際電子出版EXPO」は9日(土)まで)
時 間
10:00〜18:00
会 場
東京ビッグサイト 西1・2ホールブース No.8−2
(株式会社ボイジャー・株式会社セルシス 合同ブース)

*東京国際ブックフェア/国際電子出版EXPOの詳細はこちら
http://www.bookfair.jp/

*弊社出展情報の詳細はこちら
http://www.voyager.co.jp/news/info_tibf/tibf2011.html

ボイジャー イベント情報

eBooks専門セミナー(有料)7/7(木) 16:00〜18:00[展示会場 付帯会議室]

EB-2 ふりかえる過去と、ひきつがれる未来
電子本をバカにするなかれ 〜この20年間の実験的作品を一挙公開!〜

ボイジャー代表取締役 萩野正昭/本の未来研究所代表 Robert Stein 氏

今ある世界はずっと昔に確立されていた。20年前、それは過度な期待と思い込みの中で、ことごとく市場に根付きはしなかった。それでも生き残った数々の名作、力作。日米二人の男が実例を示しながら語る、夢のまた夢…その先にある新たなる世界。

萩野・ボブスタイン氏画像

*お申し込みは東京国際ブックフェア専門セミナー事務局まで
http://www.bookfair.jp/Conference/seminar-event/seminar-event02/EB-2/

無料公開セミナー 7/9(土) 14:30〜15:30[出展社による無料公開セミナー会場]

電子出版 〜知らないなんて手遅れだ〜

ボイジャー代表取締役 萩野正昭

ネットワーク時代の出版を再発見しよう。読書はオン・スクリーンにシストする。
電子出版は世界の共通性を手にし、ますます普遍的な出版活動の道を切り開く。EPUB3はそれを担うのか? 日本語表現はどう世界の共通性と調和していけばいいのか。様々な憶測と期待の渦巻く中で、冷静に実情を通して電子出版と日本語表現を考えてみよう。

*当日先着受付順

ブース内イベント(抜粋) [ブース No.8-2(株式会社ボイジャー・株式会社セルシス 合同ブース]

7/7(木)12:00〜12:50

電子出版・成功の法則

沢辺 均 氏(ポット出版代表取締役)× 鎌田 純子(ボイジャー取締役)

沢辺氏画像

7/8(金)12:30〜13:20

iPadがつくる未来

大谷 和利 氏(テクノロジージャーナリスト/『iPadがつくる未来』著者)

大谷氏画像

7/8(金)15:00〜15:50

果てなき航路 ー日米デジタル奮戦記

Robert Stein 氏(本の未来研究所代表)× 萩野 正昭(ボイジャー代表取締役)

ボブスタイン氏画像

7/8(金)16:30〜17:20

売れる電子書籍の条件

宮田 和樹 氏(実業之日本社)× 高橋 薫 氏(早川書房)

7/9(土)11:30〜12:20

視覚障がい者とインターネット

松井 進 氏(BRC(バリアフリー資料リソースセンター)副理事長)

松井氏画像

7/9(土)13:00〜13:50

マガジン航 対談 ー電子出版実践ウラオモテ

小泉 真由子 氏(『クラウドおかあさん』著者)× 古田 アダム 有 氏(「マガジン航」執筆者)
 × 仲俣 暁生(「マガジン航」編集長)

7/9(土)16:30〜17:20

青空文庫 800人のボランティアと一万冊の電子書籍

富田 倫生 氏(青空文庫)

富田氏画像

〈株式会社ボイジャーについて〉

株式会社ボイジャー 代表取締役 萩野正昭

ホームページ:http://www.voyager.co.jp/

Windows、Macintoshで標準的な電子本ビューア「T-Time」開発元。2000年に商用に電子本を販売することを目的として開発したドットブックは、T-Timeをビューアとして読むことが出来る。2006年セルシスと共同で携帯電話向けBookSurfingソリューション(現・BSソリューション)の提供を開始。2007年コミック・雑誌等の配信ソリューションとしてwebブラウザー用プラグインT-Time Crochetを開発。2008年iPhone対応、2010年6月iPad対応をし、ドットブック&T-Timeのソリューションを幅広く展開している。
本ソリューションは、講談社、角川書店、新潮社、文藝春秋、筑摩書房、中央公論新社、幻冬舎コミックス、アスキー・メディアワークスなどが採用している。

〈報道関係お問い合わせ先〉

株式会社ボイジャー 広報 鎌田

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-41-14


電話: 03-5467-7070 / FAX: 03-5467-7080

Email:infomgr@voyager.co.jp