2-1 実践編:携帯ゲーム機(SONY PSP)

操作手順
  1.  T-Timeで開いたドットブックをPSPの「エリア固定」モード表示にする

  2.  PSPとMacintoshの接続を確認する

  3.  「自動」で書き出す

【重要】PSP(またはメモリカードリードライタ)はいつ接続してもかまいません。書き出しを実行する前には、接続を確認してください。

【重要】メモリカードはPSPでフォーマットしてご使用になることをお勧めします。

※読書用に別のメモリカードを用意すると便利です。

※PSPやメモリカードリードライタを接続したときのMacintoshの動作は、環境によって異なります。ここでは接続した携帯電話のメモリカードがデスクトップに表示される設定で説明します。

用意していただくもの

    SONY PSP(プレイステーションポータブル)

    接続ケーブル、またはメモリカードリードライタ


  1.  T-Timeでドットブックを開き「携帯ゲーム機(SONY PSP)」のエリア固定モード表示にする

    ★PSPの選択 [表示]メニューの[表示エリア]のサブメニューで[携帯ゲーム機(SONY PSP)]を選択します。


    ★PSPの画面表示 ウィンドウに携帯ゲーム機(SONY PSP)の液晶画面に相当する画面が表示されます。


    ★PSPの画面表示 ノンブル アンカー ページ数 ゲージ 携帯ゲーム機(SONY PSP)の画面表示の下方中央にノンブル(ページ数)、下辺にアンカー(▲)が表示されます。

    エリア固定モードで表示されるアンカーは、現在表示しているページがブック全体のどのあたりかを示しています。

    キーボードの矢印キー〔←〕、〔→〕を押し続けると、ノンブルの数字が変わり、アンカーが移動するのを確認してください。

    ページめくりは標準(エリア可変)モードと同樣に行なえます。詳しくはT-Timeのヘルプをご覧ください。

    一気にブックの中ほどや先頭、最終ページに移動したいときは、ゲージの中程や左端か右端をクリックします。


  2.  PSPとMacintoshの接続を確認する

    ★画面追加 全画面 アイコン表示 PSPのメモリカードのアイコンが表示されます。

    ここでは「Untitled」となっています。

    PSPからメモリスティックを取り出し、メモリカードリードライタを使用した場合も同樣です。




  3.  書き出しを実行する

    ★PSP[書き出し...] [ファイル]メニューの[書き出し...]を選択すると、ダイアログが表示されます。


    ★PSP 書き出しダイアログ ダイアログの「出力先:」の「自動」を選択して<書き出し>をクリックします。

    メモリカードのPHOTOフォルダにタイトル名が付いたフォルダが作成され、携帯ゲーム機(SONY PSP)用データが書き出されます。

  4. PSPのメモリカードのアイコンをゴミ箱へドロップし、マウントを解除してください。

以上で書き出しは完了です。

PSPでの操作

T-Timeで書き出したデータは「フォト」に保存されています。

トップメニューから[本体設定]→[フォト]→[メモリスティック]を選択してください。ドットブックのタイトルがついたフォルダが表示されるので、矢印キーで移動して、読みたいフォルダを◎ボタンで選択します。ページが表示されたら「R」ボタンで次のページへ進み、「L」ボタンで前へ戻ります。


 
 

実践編:携帯ゲーム機(SONY PSP)
<< 基本編

 

実践編:書き出し画面の調整 >>
     

目次困ったときには


お問い合わせはこちらから >>

ボイジャーT-Time

 
 

(c) 2005 Voyager Japan, Inc.